スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「釧網本線ジオトレイン号」に乗った話

日記
11 /10 2014
出発です


あっ どーむ僕です。 


今日は、話が長いですよ
でも、最後まで見てくださいね。




昨日の朝 早起きしてやって来たのは釧路駅
一日限定の「ジオトレイン号」というのに

乗ってみたくて予約していたんです
あとから知ったんですが

このイベント今回で、3回目だそうです。

これがジオトレイン


「ジオトレイン」ってそもそも何?って話ですが
釧網線の区間 釧路~網走は、国立公園の中を駆け抜けるし

周囲には様々な地球(ジオ)を感じるもの
野鳥、植物、大地、火山、空などを直接感じやすい路線なんですね

そういった素晴らしい釧網線の魅力を、見て観光するだけじゃなく
サイエンスの知識を取り入れていつもと違う観点で見ると

道東の魅力を再発見するのが、目的のイベントのようです
楽しそうですねー! 

実はワタクシ もともとリケ男なんです。
子供の頃から雑誌は「ニュートン」と

「ムー」ばかり読んでました(笑)  (ムーは理系じゃねーし)


工程表


さー出発しましょう♪
まずは、おなじみの釧路湿原の中を走り抜けます

湿原の中を行きます

ここでは、釧路の名物 やちぼうず君の話を聞きます

やちぼうず君の生態や分布など勉強になりますねー


やちぼうず君の話
 
このあと、渡り鳥の話なども聞きつつ
標茶駅に停車です。

標茶駅では、歴史あるレールの話や旧標津線の話など
当時の歴史的背景と鉄道のかかわりなどを教えていただきます。

標茶駅って初めてホームに立ったので
見る物すべてが新鮮です

一世紀前のレール
一世紀前のレール


こんなところにもレール
歩道橋の柱もレールでできてるって知ってました?

旧標津線の起点
旧標津線の起点は標茶だったんですね


あっという間の30分の停車
さて、移動しましょう

向かうは摩周駅です。
お話を聞きながら、車窓を眺めると

時間のたつのも早いですねー 感覚としてはあっという間ですが
2時間ぐらいかかっての摩周駅到着です

摩周駅です

このジオトレインは、網走側からも摩周駅に向かって来まして
ここで合流です。

バスに乗り換えて、GO


バスで移動です


摩周湖に到着です
いい天気で摩周湖も周囲の山々も綺麗にみえます

ここからは、北大名誉教授の岡田さん(有珠山噴火の時活躍したあの人です)
道東の火山についての説明です。 

この周辺の山は、ほとんどが、溶岩ドームでできた山らしい

岡田さん登場


摩周湖での話のあとは、硫黄山へ向かいます
移動のすべてに何かしらの講話があるので、ほんと飽きませんね


岡田ださんの講義



硫黄山(アトサヌプリ)到着です


ここでは、ただ硫黄山を眺めるだけでなく
溶岩ドームの形成の話や硫黄についての話

水蒸気爆発の話を実験など交えながら
わかりやすく説明してくれます。

硫黄を加熱して

硫黄の粉末を熱して溶かす
それを、こんどは冷やすと

硫黄の結晶
結晶ができるんです。



水蒸気爆発の実験
水蒸気爆発はポップコーンを作るのと似ているというお話



表面温度は92℃を超えています
あのガスの吹き出し口の温度は90℃以上もあるんです



いやー勉強になりましたねー
そろそろお腹も空いてきました

川湯のホテルにて昼食タイムです。

ゴージャスなお昼ご飯
なんてゴージャスなんでしょう


すべて完食したらお腹がキツイ キツイ
食事のあとは、すぐに「岡田さん」の火山講話

岡田さんの講演

さすがに、満腹のあとにお話を聞くのは眠い
一瞬、気を失った。

このあと、自由時間もありまして
川湯の街をぶらり

足湯が気持ちいいです。



川湯駅に戻ってきまして
帰り道です。

ここからは、網走に帰る人と釧路に帰る人に分かれます


川湯駅


帰り道、摩周駅では、停車時間に実験です
なぜ空は青いの? なぜ海は青いの?

なぜ夕焼けは赤いの?という話を
実験を交えてのお話です。

夕焼けはなぜ赤い?
光の実験


さて摩周駅からは、釧路まで岡田さんの火山トークを聞きながら
帰ります。

岡田さんは、今朝 網走からずーっとしゃべりっぱなしじゃないでしょうか?
凄い元気です。

岡田さん車内での講義


で 最後は、クイズ大会です
今日一日で学んだ中から出題です 

これが一番盛り上がったんじゃないかな
景品が凄かった。

クイズ ほがじゃ当たりました
ほがじゃ いただきました。



いやー楽しかったっですねー

朝から晩までいろいろ乗って、遊んで、勉強して
お昼ご飯ついての

「3700円」 (おみやげも当たったし)
満足満足、大満足ですね



感想としては、このジオトレイン号に関わった
スタッフの皆さんが本当に素晴らしかった。 (おつかれさまでした)

何よりも、みんなで楽しもう♪という雰囲気が
とても良かったですねー

また釧網線に乗って、網走まで行きたくなってしまいました。
景色見ながら「あっあの山 どーむ どーむ」ってブツブツ言うんでしょうね。


どーむ どーむご静聴ありがとうございました。

では、また


にほんブログ村 料理ブログへ  

AHIRU.jpg

コメント

非公開コメント

もーりー

料理を作るのが大好き
食べるのも大好きな
週末主夫の美味しい話と料理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。