時(とき)ラーメン

麺類
06 /09 2013
DSCF5064-002.jpg
しっぽくラーメン 430円



北海道の3大ラーメンといえば、札幌、函館、旭川ですが

第4のラーメンとして売り出しているのが、釧路ラーメンです。


その歴史は意外と古く、そもそもは、
東京の屋台で食べる「支那そば」や「中華そば」が源流といわれ

カツオ出汁の利いた「あっさり醤油らーめん」だったようです。

それが、伝わった寒い釧路で、しかも気の短い漁師を相手にするため
すぐに茹で上がるように細く細くと試行錯誤し完成したのが


極細めんで縮れている現在の釧路ラーメンスタイルになったようです。


昔は、屋台のラーメン屋さんもたくさんありましたが
今では、釧路市内に一軒のみ住宅街にあるだけです。

そんな、「釧路ラーメン」の話



数年前、釧路に「もーりー軒」という屋台のラーメン屋がありました。
そこの「しっぽくラーメン」というのが大人気

ある晩のことです。ラーメン屋が屋台を道端に止め、客を待っていました。
そこへ一人の男がやって来ました。

客  「おい、ラーメン屋。」

店主 「ヘーイ。いらっしゃい。」

客  「何ができる?おっ、抜きに、しっぽく、あとはスペシャルか」
   「じゃあ「しっぽく」と「小ライス」くれ!」

店主 「かしこまりました。」
              
客  「商売は、はどうだい?」
 
店主 「ぱっとしないねー」
 
客  「そうかい?そりゃいいや。」
 
店主 「え?ぱっとしないと言ったんですが。」
 
客  「それがいいんだ。運がよけりゃ、運が悪くなる。運が悪けりゃ、
    運がよくなる。世の中そんなもんだよ。気を落としなさんな。
    商いと言って、あきないでやることだな。」
 
店主 「うまいことおっしゃいますね。覚えておきます。」
 

客  「店主!まだ若いしイケメンだねー」
   「俺は、ラーメンは大好きだ。この屋号を見たら、また来るぜ。」
   「ありがとうございます。どうもお待ちどうさまで。」

   「おっ、もうできたかい。ラーメン屋はこうでなきゃだめだな。
    わしら漁師は気が短いから、遅いとぶつぶつ言いたくなる。
    それでも出てこないと、もう食べる気がしなくなる。」

   「おっ、割り箸だね。気に入った。
    最近ののラーメン屋はエコだかなんだか知らねーが割ってある箸だ。」

   「人が使った箸は嫌だね。特に先がぬれてるやつは、ご免だね!
    ここはいい・・・」(フウフウしながら食べ始める。)
 
   「いいどんぶりだね。いいどんぶりだと食欲が増すね。中身がうまそうに見えるぜ。
    この辺で、こんな上等などんぶりを使っているところはなかなかないぜ」

   「zuzuzuzuzu♪いい匂いだ。汁(つゆ)にかつおぶしをいっぱい使ってるね。
    これだけの汁を作るのは大変だろ。この味を出すのは大したものだ。」
   「ラーメンスープは塩っ辛いのが多いがzuzuzuzu♪」
    あちこちで食べてるが・・・ところがzuzu♪ うん、この麺は細いね。
    いいね。麺は細くなくちゃだめだ。」

   「時々うどんのように太いラーメンがあるが、
    釧路ラーメンは細くなくちゃだめだ!
    太いやつは嫌だね・・・こんな美味いラーメンは初めてだね。」

   「お世辞を言うわけじゃないが・・・蒲鉾が厚いね。こんな厚い蒲鉾を出して、
    もうけはあるんかい?大丈夫?そうかい。おっと、
    どこかで蒲鉾を豆腐でごまかしたの食ったな。嫌だねー。」
  
   「あれはダイエット用だぜ。ここは本物だ・・・うん、うまい。
    いやいや真面目な話、ここのラーメンは旨いよ!。
    けどな、
    他で、まずいそばを食った口直しに寄ったもんで。一杯で勘弁してくれ。ごめん。」

店主 「いいんですよ。」
 
客  「で 幾らだい?」
   

店主 「ええと、ラーメンセットで、470円です。」

客  「悪りぃなー10円玉ばっかりだ。お前さんの手に置くから、手をだしてくんねえ。」
   
店主 「へい。これに願います。」
   
客  「470円だったな?ひー、ふうー、みー、よー、
    いつ、むー、なな、やー、・ ・ ・ ・」
   
   「ところで店主 いま歳は幾つだい?」

店主 「今年で42歳になります。」

客  「43、44、45、46、47・・・じゃ、ごちそうさん。」
    
   



男は立ち去りました。


という話が、あったとか、無かったとか
   

落語「時そば」のパクリ話しですが
タイトルは、「歳そば」のほうが良かったかも

ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加しています。
クリック!!よろしくお願いします
人気ブログランキングへ



AHIRU.jpg

コメント

非公開コメント

古典落語、大好きです♪

あれっ?と思ったらやっぱり「時そば」ですね(笑)

なぜか、お正月になるとCD を引っ張りだして聴いてます(^-^)
泣かせるのも良いですが、「居酒屋」とか「化け物使い」の笑えるのが特にお好みです♪

ラーメンの話しでなくてごめんなさい(^^)

私もあれっ?

もーりーさん版「時そば」アレンジ
文面に釧路のいろんな方の影を感じてオモシロイですね(私の想像ですが)

江戸時代の「しっぽくそば」の具は本当はなんだったのか気になりますが、
「しっぽくらーめん」の具は、もーりーさん風に、半熟卵、シナチク、ネギ、そして駅裏の豆腐ではなくて、厚切りの蒲鉾が私はいいです。(о´∀`о)

ひろみんさんへ

こんにちは
「時そば」って大好きな話なんですが
なんかアレンジできないか考えたんですが
最後の落ちまで考えなかったので、ちょっと中途半端でした。

落語のCD持ってるんですか! すごい マニアだ(笑)
ちなみに、
ナイツの漫才ネタの「じゅげむ」という話も大好きです。

masmasさんへ

こんにちは
文脈に見え隠れする人物は
きっとそれぞれ違うでしょうね
ただ、失敗だったのが
何故か塩ラーメンで作ってしまった(そこは、醤油でしょう)

もーりー

料理を作るのが大好き
食べるのも大好きな
週末主夫の美味しい話と料理