北陸の旅  やっぱ北海道はでっかいどう編

日記
11 /19 2017
DSCF3474.jpg



7日目です。
北海道に帰ってきました。


といっても朝の4時に小樽に着いてどないするっちゅうねん。
仕方が無いので予定の洞爺湖に向かうことに

途中のニセコで朝日が昇ってきましたよ
ナンマンダブナンマンダブ

真狩村で羊蹄山が綺麗に・・・。
あれ?白いな。

DSCF3481.jpg


朝の7時半には洞爺湖に着いてしまいました。
展望台からの風景は?

あれ?白いな

DSCF3485.jpg


本来は、湖が見えるはずなんですが・・。
残念。


有珠山ロープウェイにやって来ました。
晴れているはずなので、期待できます

DSCF3487.jpg

ロープウェイで上がっていくと・ ・ ・。
昭和新山があれ? 白いな

DSCF3504.jpg


後でわかったんですけど
この日北海道はPM2.5の影響でどこでも白い空だったようです

ひどいよ!中国
なにしてくれてんの!?

この洞爺湖周辺は、火山の噴火後の損壊した
建屋などをそのまま保存していまして

それらを観光

DSCF3522.jpg

DSCF3531.jpg

ビジターセンターでも火山を体験でます。

DSCF3527.jpg

DSCF3528.jpg


色々見学した後は、ランチにしましょうか
行ったのは、湖畔にある「望羊蹄」という古いレストラン


DSCF3537.jpg



オムライスがすんごい美味しい♪
感動した。

DSCF3534.jpg


お腹も満足しましたし
ホテルのチェックインには、まだ時間があります。

船にでも乗りましょうか
ディズニーのお城みたいな船です。

DSCF3538.jpg

まさかミッキーはいないよね
と、乗船すると

9割が韓国の団体さん、1割が、日本人と中国人の観光客です


DSCF3545.jpg

船は3階建なんですが、2階にテレビモニターがありまして
観光案内が流れてます

この2階が完全に韓国人の団体で埋め尽くしてまして


あまり大きな声では言えませんが・・



やかましいんじゃーー!!

どんだけ自撮りしたら気がすむちゅうねん!!






言いたいですが。


まぁ今の北海道経済を支えている人たちですから
仕方ありません。ガマンします

観光案内モニターを見ると

DSCF3544.jpg


字幕もハングルなんです。
洞爺湖って韓国に人気なんでしょうか?

湖で溫泉があって、島があって
観光船が出ていて

と言う雰囲気は、阿寒湖とさほど変わりません。
違うのは、洞爺湖のほうがスケールがでかい!マリモがいない。


DSCF3553.jpg


このあと、「わかさいも本舗」で
「いもてん」買って

ホテルにチェックインです。

部屋でくつろいでいると、窓にカモメが来ます。
ビックリ!!

誰かお客さんが餌付けしたんでしょう
餌を与えないでくださいって書いてある。


DSCF3555.jpg


お風呂に入って晩ご飯です。
いまは、こういう溫泉ホテルの従業員も

アジア系外国人が、頑張って働いてるんですね
日本語が流暢で驚いた。


DSCF3557.jpg


今までの旅の疲れを癒やすには
やっぱり溫泉がいいですねー

今回の旅で泊まった宿のお風呂は
なんちゃらラジウム溫泉発生器のお風呂とか

なんちゃって溫泉ばかりだったので、
やっぱり本物の溫泉は違います。

ぐっすりと眠れました。
そして次の日の朝

もりもり朝食をいただきまして

DSCF3568.jpg


さぁ釧路に向かって帰りましょう
帰りは、日勝峠が開通したので樹海ロードを通って

帰りましたが、やっぱりPM2.5の影響でしょうか
十勝平野が見えません


DSCF3574.jpg


結局、釧路市内に戻っても白かった。
ということで


無事 到着!!



今回の全走行距離 約1900キロ


いやーなんか達成感


DSCF3576.jpg


よく、「スマホが無いと生きていけない」って
聞きますけど、スマホが無いおかげで、

解放された気分と、不便さが、いい♪楽しい旅になったと思う。

DSCF3578.jpg




自分へのお土産に
箸置きと、箸を・・。


最後に


旅の記録として 行く前に作成した
行程表を記して置きましょう

8割は行程どおりに行ったかな?
旅は行程どおりに、行かない方が楽しいよね

画像クリックで大きく見れるよ
行程表


いやー今回は頑張ったな俺。
3年連続頑張ったよ俺。


もう、しばらくは車旅は
遠慮します。


飛行機に乗りたい。


まずは、


30万円貯まる貯金箱
買ってきますか。



では また。

北陸の旅  船旅のススメ編

日記
11 /18 2017
DSCF3412.jpg
万代橋


6日目の朝です。
やっと晴れました。

11時の船で北海道に帰りますが、その前に
少し散歩しましょう

ということで、BSでやっていた「大杉漣の漣さんぽ」で見た場所を
散歩します

DSCF3403.jpg

古町という場所にアーケード街がありまして
そこの外れに「水島新司マンガストリート」という通りがあります

DSCF3405.jpg
ドカベン

DSCF3404.jpg
野球狂の詩

色んなキャラクターの銅像があります

そこから駅方向に曲がると「人情横丁」というのが
見えてきます

DSCF3406.jpg

まだ朝の7時半ぐらいだったので
お店はやってないと、思っていたら

一軒だけやってました

DSCF3411.jpg


あっこのお店 テレビで見たお店だ♪
と言うことで、はいってみると

ありました。
大杉漣の写真

DSCF3409.jpg

「BS見て来たんです」って言ったら
店主が喜んじゃってね

「北海道から来たんです」って言ったら
舞い上がっちゃってね

いろいろとオマケしてもらっちゃった。
ありがとうおばちゃん。

このあと 万代橋を渡って
万代シティへ戻ります

DSCF3399.jpg


前日にカレーを食べたバスセンターにまた来まして
こんどはおにぎりを購入

船でお昼ご飯に食べましょう♪

DSCF3456.jpg


ホテル出てフェリーターミナルにやって来ました
5日ぶりのフェリーターミナルです。時の経つのは早いね

DSCF3414.jpg


今回は11時出港の小樽行き 次の日の4時半に着きます
では乗船しましょう


DSCF3416.jpg


乗ってすぐにデッキに向かいましたが
けっこう閉鎖されています

と言うことは・・・揺れるということか。


DSCF3432.jpg


11時になりました出港です

帰りの部屋を紹介しましょう
帰りは洋室です。 お風呂はありませんが、

シャワーとトイレがあります。


DSCF3454.jpg


前回きちっと紹介しませんでしたので
船の写真を色々と紹介しましょうか

まずは船首のほうにデッキサロンがあります
静かに座って景色を眺めるにはいい場所です

DSCF3087.jpg

DSCF3466.jpg


次は、船尾のほうに移動すると
6階が広い展望デッキです

大きな煙突が近くにあります
前回載せた写真の場所です

DSCF3050.jpg

このデッキに出る前にトレーニングルームがあります

DSCF3049.jpg


6階はこのほかに大浴場とスイートルームがあります。
いつか、スイートで優雅な船旅もいいな

5階に降りましょうか
DSCF3047.jpg

5回はレストラン、喫茶グリルなど飲食系のスペースがあります
その奥には、テラスカフェのようなスペースもあります

DSCF3056.jpg



ここからの眺めも結構いいです
ヘリポート兼ドッグランのスペースもあります。


DSCF3053.jpg

ここがメインのエントランス

DSCF3088.jpg


今のフェリーって綺麗で
ちょっとした豪華客船のような雰囲気もありますね

ただね

この日はさすが台風が去った後の日本海
非常にうねりまして

揺れます揺れます(遊園地のバイキングみたい)
売店には酔い止めも売ってますし安心です。

さて、今回は11時出港なので
お昼ご飯と、晩ご飯の時間がやってきます

お昼ご飯には、バスセンターで買った
おにぎりを食べまして

さすが新潟。米が旨いよ。

DSCF3459.jpg


この後は、おとなしく部屋でゆっくり
船が揺れるので、お風呂に入ると湯船が波立って

それはそれで楽しいのですが
それ以外は、調子こくと

気持ち悪くなっては、困るので
なるべく静かに、

晩ご飯はレストランでいただきました。
船酔いする前に酒飲んで、酔ってしまえば

こっちのもんです。

DSCF3468.jpg

ということで

晩ご飯のあとは、早めに就寝
なにせ朝の4時半に到着ですからね


次回は最後の北海道編です

では、 また。



北陸の旅   まだまだ食べるぞ編

日記
11 /17 2017
DSCF3368.jpg



旅も5日目 新潟県糸魚沢市 親不知(おやしらず)です。
天気も相変わらず、よろしくありません。


朝食は、初日に食べたメギスがまた登場しました
やはり、メギスと言う魚はポピュラーなんですね

DSCF3364.jpg

DSCF3363.jpg


この日の朝は、ちょっとゆっくりです。
いままで、連日7時には出発していましたが

若干の運転疲れと、カニの食べ過ぎでお腹が壊れたというのが
ありまして、ゆっくりと9時まで滞在してました。

本来は、この日「栃尾の油揚げ」を食べに栃尾に向かうはずでしたが
ゆっくりしすぎたので変更して海岸線を新潟市へ向かうルートへ

風のむくまま、気の向くままが、車旅のいいところです

DSCF3371.jpg
道の駅マリンドリーム能生

DSCF3373.jpg
うみてらす名立

DSCF3377.jpg
道の駅 出雲崎

今回の旅は、海岸線を走っていることが多いので
お土産も、ほぼ同じ物しか売っていません。

それも、パッケージが同じで
新潟県、富山県、石川県で微妙に名前と値段が変わるんです。

いろいろな、道の駅を巡るのも
面白い物ですね。

そうこうしていると、新潟市に到着しました。


DSCF3379.jpg


宿は中心部の万代シティにあるホテルです
巨大複合施設やデパート、バスセンターなどの

隣り合うビルが、それぞで上でつながっていて
バブル時期に出来た 商業ビル街といった感じです

車を駐車場に入れて、チェックイン。
まずは、お目当ての新潟駅へ向かいます。


DSCF3378.jpg


この駅にある、「ぽんしゅ館」が、
一度来てみたかった場所なんです


DSCF3380.jpg


中に入ると
新潟県の地酒が沢山置いてあるのと、新潟県の特産品や
お酒に合いそうなつまみ、調味料なんかも売っています。

醤油だけでも、どんだけ種類があるんだ?

DSCF3386.jpg


さて、ここのメインといえば、
試飲です。 まずは、

受付のお姉さんに「初めてなんです」と申告
色々教えていただけます



まずは、500円支払って、メダル5枚と試飲用のお猪口をもらいます。
お猪口を、自分が試飲したい銘柄の自販機にセットし

黄色いボタンを押すと、一杯分注がれます


DSCF3384.jpg

あとは、カウンターでチビチビ飲むのですが
つまみは、ありませんが、色んな種類の塩と味噌があります。

塩を舐めて、酒を飲む・・。
飲んべえだ。

DSCF3383.jpg


なにせ日本酒王国の新潟です
種類が豊富すぎて、何を飲んで良いのかわかりません。


DSCF3385.jpg

ビックリしたのは、女性が多いんです。!!

それも、けっこうウンチク語っていて
飲んべえの若い女性がグビグビ飲んでます。

DSCF3382.jpg

独りで、チビチビ試飲していると
ダメですねーペースが乱れてきました。

あっという間にほろ酔いです。
結局5種類試飲しましたが、何を飲んだのかわかりません。

色々お酒とおつまみを、購入してぽんしゅ館を後にしました。
さて、お散歩しつつ

名物をいただきましょう♪と
入ったお店はお蕎麦屋さん

新潟のお蕎麦といえば「へぎ蕎麦」です。
「へぎ」とは板という意味らしいのですが

ふのりを練り込んだ蕎麦を、板に2~3人前綺麗に
盛りつけて出てきます

DSCF3389.jpg

つるっとしていて、でもコシがあって美味しい♪
あっという間に無くなってしまいました

さらに

新潟と言えば、タレカツ丼でしょう
ミニサイズで食べてみました。


DSCF3393.jpg


この和風な、甘じょっぱいタレが染みたカツが旨い♪
これは、また食べたい♪

だいぶお腹も満足してきましたが
もう一軒行っちゃいますよ

次にやって来たのが宿から近い
バスセンターの立ち食い蕎麦屋さん

DSCF3394.jpg


このバスセンターのカレーというのが
有名で、カレー粉と小麦粉から作った

昭和の手作りカレーみたいなのが有名なんです。
行くと、立ち食い蕎麦屋ですが9割がカレー食べてます。

DSCF3395.jpg

ずっしりドッシリです。
これがですね。懐かしい昭和のカレーの味がします。



以外と辛い!けっこう辛い
旨い!辛い!

いやー満足満足。
腹一杯。


本当はね、夜に一杯やりながら
新潟の繁華街を探検しようと思っていたんですけどね

もうむり。
腹一杯で眠い。

ということで、この日はこれで就寝です
次回は、北海道に向かいます。


では、また。

北陸の旅   台風のバカー!!編

日記
11 /16 2017
DSCF3295.jpg



4日目です。
ついに台風が、本州の太平洋側を通り過ぎて
北海道辺りまで北上

そんな頃の話しです。
日本海は大荒れ!風もけっこう強め

気温が低い!北海道か?と勘違いするぐらい低いです。
それでもね早起きしまして

宿を出発!!当初の目的地は、
「千里浜海岸 なぎさドライブウェイ」です。

ここは、今浜ICから千里浜ICまでの
砂が硬く締まっている為、車両通行が出来る

有名な場所なんです。
本来であれば、こんな感じで走る予定


千里浜海岸
写真は引用です


高速道路を走っている時点で、見えてはいたんですよ
ビッグウェーブ 強風!!

絶対に無理でしょう。

それでも、あきらめきれなくてね
海岸に出る入り口まで、行ってみたのがこちら↓↓

DSCF3296.jpg


砂浜は、どこにあるんですか?という状況
残念です。ここを走りたいって思って釧路からはるばる来たのに

「台風のバカー!!このハ○ー!!」 って
心の中で叫んだよ。


気をとりなおして、次に移動しましょう
続いてって来たのは、能登半島の上の方にある

白米千枚田

DSCF3298.jpg

写真が何とも暗いですね

ここは、海岸にある段々畑として、珍しい場所なんです。
本当はね、畑に水があると、もっといいんでしょうけどね

もう稲刈りも、終わった時期なので仕方ありません。
って言うか寒いです。雪でも降るんじゃ無いか?と思えるぐらい寒い

風が強い!

とりあえず道の駅千枚田ポケットパークという場所に避難
DSCF3304.jpg

さすがに、この辺りまで来ると
釧路ナンバーは、そうとう珍しいので皆さんに驚かれます

お土産を買って、もう一度千枚田を見て
さぁ次に行きましょうか

DSCF3301.jpg


次にやって来たのは
輪島市です。 

輪島と言えば、朝市です
有名です。

駐車場に車を止めて少し歩きます

DSCF3308.jpg


もしかしたら・・・と言う気はしていたんですけどね
朝市も、寒いし風が強いので

本来は200位は露店の、おばちゃんが並んで色々売るみたいですが
この日は、80もあるかないかです

DSCF3309.jpg


それにしても、寒い!!
雨は止みましたが、風が強い。

朝市を少し抜けると
NHKの朝ドラ「まれ」の記念館があったので入ってみた

DSCF3312.jpg


「まれ」のグッズ販売や、撮影に使ったセットが置いてあります
ワタクシ「まれ」を見ていないので

わっぱりわかりません。 きっと見ていた人は、
おーーー!!ってなるんでしょうね。

DSCF3313.jpg

DSCF3314.jpg


さて輪島も満喫したし移動しましょうか
こんどは、能登半島を南下して和倉温泉方面へ

途中に能登島という島がありまして
大きな橋でつながっています。

DSCF3321.jpg


「道の駅のとじま」で、休憩
お昼ご飯に能登の食材の海鮮丼をいただきました。


DSCF3325.jpg


やっぱりブリ系のお魚が多いようですが
美味しいですね


こちらでも、お土産を物色して移動します
この後は、本日の宿へ向かいます。

途中の道の駅を巡りながら
移動していきます。


DSCF3334.jpg


この日の宿は富山県と新潟県の県境
親不知という断崖絶壁の場所にある古いホテル

DSCF3338.jpg


この日のメインイベント
蟹づくし11品コース♪の晩ご飯

一生に一度でいいから「蟹づくしコース」を
食べてみたかったんです。

DSCF3342.jpg

北陸と言えば、ズワイ蟹です
釧路でも、見たことない巨大な紅ズワイが一杯

DSCF3348.jpg


その他に、本ズワイのしゃぶしゃぶ、焼きカニ
茶碗蒸し、釜飯、お刺身、鍋など、次々とで出来ます。

DSCF3349.jpg


正直食べきれません
フードファイト状態です。

もはや、何が美味しかったのかわからなくなりますね
でも、紅ズワイ姿一杯を解体して食べたのが

一番うまかった気がする。

DSCF3365.jpg


もう腹一杯で、動けません。
この日は、これにて就寝です。

早いなー、もう4日も経っちゃったよ
明日は、新潟に向かって走ります。

そのお話しは、次回で

では、また。


北陸の旅   あれ?忘れた編

日記
11 /15 2017
DSCF3212.jpg


さて旅も3日目になりました
早いですねー

この日は朝から天気がよろしくない
太平洋側に台風が近づいて来ているために

日本海側も雨なのです。
残念ですが、楽しく行きましょう

朝7時にホテルを出発してやって来たのは
ちょうど新潟県と富山県の県境のあたり



DSCF3213.jpg



このあたりを走ると、「たら汁」という看板が多く出てきます
タラ汁街道と呼ばれているそうです

ずっとケンミンショウを見て食べたかったお店
富山県朝日町にある「栄食堂」に行ってきました。


DSCF3225.jpg


このお店、朝の7時から営業していて、昔ながらの食堂というか
ドライブインという感じ

我々が入ると、既に2組お客さんがいました。

DSCF3217.jpg


注文したのはもちろん「タラ汁」
一人前が結構な量があるらしく1人前800円

ごはんは、大中小選べます

DSCF3220.jpg
写真は2人前です。


凄いです♪迫力あります。
これを 取り分けて食べるんですけど


DSCF3224.jpg


ぶつ切りしたスケトウタラが入ってます
具は魚とネギだけ

これがねー美味しい♪ 

すんごく 美味しい♪

なんまら うめえ♪

頭もゼラチン質で、ぷるぷるでコラーゲンたっぷり
「お肌にいいわ♪」ってどっかの女優が言いそうな感じ

まったく生臭くないし、旨みたっぷりです。
これを食べたくて北海道から来たようなもんです。

大満足でした。

さて、朝食も済みましたので走りましょうか
まずは金沢方面へ走ります

DSCF3232.jpg


金沢市の隣町 津幡町に来ました
ここに車を止めまして、電車で移動。

3駅で金沢駅に到着します

DSCF3238.jpg


運転しないで電車に乗るのも楽しいですよね


DSCF3241.jpg


面白いのは、古い車両が来たんですけど
自分で扉のボタンを押さないとドアが開かないんですよ

あっというまに

金沢駅に到着! ゆうめいな鼓門がこちら

DSCF3245.jpg


ここで、こんどは一日バス券を購入しまして
バス移動で観光します。


雨が降ってますが、バス停は濡れないので
ありがたいです。

DSCF3243.jpg


まずやって来たのが、兼六園
金沢といえば兼六園でしょう

DSCF3251.jpg


お金を払って入ると
テレビとかで見たことある場所に出ます


DSCF3253.jpg


おおーーこれだこれだ
この兼六園って、かなり広い庭園でマジメに見学すると

半日以上かかってしますので
池を一周

日本最古の噴水というのがありました。

DSCF3260.jpg


なんだかんだで、お昼になってしまいました
本当は、近江町市場でお昼食べる予定でいたのですが

変更して、兼六園周辺で軽くいただくことに

DSCF3262.jpg


古いお店が並んでいる通りで入ってみました
ここで、金沢の郷土料理「治部煮 じぶに」をいただくことに。

こちらが「治部煮」です

DSCF3266.jpg

肉と根菜などの煮物に
そばつゆのような餡が、かかっています。

そして、何故か金箔まで(笑)
これがですねー 美味しい♪

今まで食べたことの無い料理ですが
どこかで食べたことのある味 塩梅もいいし

品があってとても美味しいです。
金箔はいりませんけどね。

DSCF3268.jpg


さて移動しましょうか
本当は、色々と写真を撮りたいのに

雨がひどくてね
レンズに雨粒が付いてしまってダメなんですよ

次にやって来たのが
ひがし茶屋街

古い町並みが残っている場所です

DSCF3276.jpg


どの建物もお店として営業しています
ここでは、神社があったのでちょっとお参り

はじめは誰も居なかったんですけど
だんだん人がやって来て、有名な神社なんでしょうか?

ん? 左下に何やら黒い人が隠れてる!
忍者だ!

DSCF3279.jpg

こんなところにも

DSCF3280.jpg


おそらく有名な神社なんでしょうね
スマホが無いから調べられないけど


このあとバスで移動して
金沢の台所「近江町市場」へ向かいます。


DSCF3284.jpg


広い市場ですねー
和商市場を20個ぐらいならべたような感じ

ガイドブックで見たドジョウの蒲焼きを
食べてみた。

DSCF3285.jpg

蒲焼きと言っても佃煮のようなぐらい
味が濃いのでご飯が欲しい

晩ご飯用にここで色々買いまして
さらに金沢駅でも色々買いまして

この日の宿で食べることに

DSCF3291.jpg


この日の宿は「道の駅 倶利伽羅兵の郷」にある宿 
「倶利伽羅塾」という名前の宿

一日目と同じで、日帰り入浴も出来る宿と
道の駅が合体したような感じ

DSCF3292.jpg


ここでワタクシ大失態
せっかく買った、晩ご飯の写真をすべて

撮り忘れ そのまま喰っちまった。

鯖棒寿司、富山ますのすし、ホタルイカの干物や
地物魚のフライなど

おいしいものが色々あったんですけどね

どれも美味しくて、すべて食べた後に、
写真撮るの忘れたことに、気がついた。

ショック! 喰っちまった。

時々、物産展とか駅弁、空弁で買う
ますのすしとか、棒寿司とは全く違い

やはり、現地の物は、数倍おいしいんですよ♪
という写真と文章を、入れたかったんですけどね




お絵かきで勘弁してください
まいったね


ということで
今回の話しは、ここまで


では、また。


もーりー

料理を作るのが大好き
食べるのも大好きな
週末主夫の美味しい話と料理